鳥インフルH7型、人に感染しやすく変異

欧米で流行の鳥インフルH7型、人に感染しやすく変異

新型インフルエンザを引き起こす可能性が最も高い
鳥インフルエンザウイルスのH5N1型とは、別のタイプのH7型が、
人に感染しやすいよう変異し始めていることが、
米疾病対策センター(CDC)などの研究グループの調べで分かった。

現在、日本をはじめ欧米各国は、
H5N1型をもとに大流行前ワクチンなどの備蓄を進めているが、
H7型に対しても監視強化を迫る成果として注目される。
27日発行の米科学アカデミー紀要に掲載される。

研究グループは、
人への感染が報告されたH7型の鳥インフルエンザウイルスのうち、
高病原性のH7N7型、H7N3型、低病原性のH7N2型の構造を調べた。
H7N7型は、2003年にオランダで80人以上が感染し、1人が死亡。
その他は北米や英国で広がった。

5月27日12時20分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080527-00000020-yom-sci